不労太郎の『働かないで生きる』

アーリーリタイアのために外国株中心に不労所得を形成中!とにかく働きたくない20代(独身)が毎日、だらだらと真剣に労働から解放されるための方法を考え、発信するブログ。基本的には、お金と株の話が大部分を占めます!

不労太郎の『働かないで生きる』 イメージ画像

U.Sバンコープ

どうも!不労太郎です。米国の地銀大手のU.Sバンコープより配当金を受領しました。今回も前回と同じ1株あたり0.42ドルでした。さて、米銀行株の株価はコロナショック以降、冴えない展開が続いています。経済活動が停止、停滞したことで、貸したお金が返ってこない可能性が高
『【配当】U.Sバンコープ(USB)より配当金受領。銀行株って株価が冴えないけどビジネスモデルになんか問題ある?…問題ないので今がチャンスだと思いますよ。』の画像

どうも!不労太郎です。U.Sバンコープより配当金を受領しました。今回も前回と同じ1株あたり0.42ドルでした。同じ米銀のウェルズ・ファーゴは大減配したので、ビクビクしていましたが、とりあえず今回の四半期配当は現状維持でホッとしています。さぁ昨年の実績で言えばの話
『【配当】U.Sバンコープより配当金受領。コロナ禍でも依然、米銀株に強気でいられる理由。』の画像

どうも!不労太郎です。オハマの賢人ことウォーレン・バフェット氏率いる、バークシャー・ハザウェイ社が米大手地銀であるU.Sバンコープ(USB)の株を一部手放していたことが分かりました。USBはミネソタ州ミネアポリスに本部を置く、米最大規模の地方銀行(全米5位)で、『U
『バフェット氏、次はU.Sバンコープ(USB)を売却。長年保有するお気に入り金融株を売却するための序章か?』の画像

↑このページのトップヘ