不労太郎の『働かないで生きる』

アーリーリタイアのために外国株中心に不労所得を形成中!とにかく働きたくない20代(独身)が毎日、だらだらと真剣に労働から解放されるための方法を考え、発信するブログ。基本的には、お金と株の話が大部分を占めます!

不労太郎の『働かないで生きる』 イメージ画像

配当金

どうも!不労太郎です。3M(MMM)より配当金を受領しました。今回は1株あたり1.47ドルだったので前回の四半期配当と同じでした。この企業は5つの事業からなるコングロマリット企業で、地域別売上も全世界に及びます。なのでビジネス的、投資家的にも3Mの株を買うだけでかなり
『【配当】3M(MMM)より配当金受領。株価的には高くも安くもないのでホールド方針を貫きます。』の画像

どうも!不労太郎です。世界有数の消費財メーカーのユニリーバ(UL)より配当金を受領しました。今回は1株あたり0.4694ドル(前回、0.4445ドル)でした。ティッカーがULのユニリーバはイギリスADRです。配当はユーロ€で支給され、受け取る時にドル$に変換されるので、配当が
『【配当】ユニリーバ(UL)より配当金受領。P&Gより圧倒的にユニリーバを選ぶ理由とは。』の画像

どうも!不労太郎です。製薬、医薬品、日用品大手のジョンソン&ジョンソン(JNJ)より配当金を受領しました。今回は前回と同じ1株あたり1.01ドルでした。ちなみにJNJは前回の四半期配当から増配しており、58年連続増配を達成しています。JNJは世界最大かつ最も多様なヘルスケ
『【配当】ジョンソン&ジョンソン(JNJ)より配当金受領。超優良企業なのに買い増しできない当たり前の理由』の画像

どうも!不労太郎です。クレジットカードで有名な金融銘柄、アメリカン・エクスプレス(AXP)より配当金を受領しました。今回は1株あたり0.43ドルで前回の四半期配当と同じでした。不労太郎が積極的にAXPを購入しだしたのは2020年3月頃のコロナショック真っ只中のときです。
『【配当】アメリカン・エクスプレス(AXP)より配当金受領。バフェット銘柄でもあるこの銘柄を頑なにホールドする理由。』の画像

どうも!不労太郎です。バンクオブアメリカ(BAC)より配当金を受領しました。今回は1株あたり0.18ドルでした。さて、米銀行株は軒並み株価が絶賛大暴落中です。BACにおいては直近の高値35ドルから現在、35%OFF状態で売られています。銀行には投資銀行と商業銀行の2パターン
『【配当】バンクオブアメリカ(BAC)より配当金受領。FRBが金利を下げようが、配当に上限を設けようが頑なにホールドする理由。』の画像

↑このページのトップヘ