不労太郎の『働かないで生きる』

アーリーリタイアのために外国株中心に不労所得を形成中!とにかく働きたくない20代(独身)が毎日、だらだらと真剣に労働から解放されるための方法を考え、発信するブログ。基本的には、お金と株の話が大部分を占めます!

不労太郎の『働かないで生きる』 イメージ画像

ワイドモート

どうも!不労太郎です。以前、不労太郎が地味に狙っている銘柄として紹介したファステナル(FAST)…あの時、買っておけばよかったのかなと、ちょっとだけ後悔しています。ちなみに株価はコロナショック時の底辺値から約70%上昇(29ドル⇒48ドル)です。ファステナル(FAST)
『地味に狙っていたファステナル(FAST)が株価上昇している件。あの時、買っておけばよかったと思う投資あるある』の画像

どうも!不労太郎です。今回は、フォーブスの世界長者番付に必ず載るマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏のポートフォリオについて考えてみました。さて、ビル・ゲイツ氏のポートフォリオの比率第1位は、公私ともに大の仲良し、親友とまで言われるウォーレン・バフェット氏
『ビル・ゲイツ氏のポートフォリオ第2位のウェイスト・マネジメント(WM)について考えてみた。』の画像

どうも!不労太郎です。バフェット先生がコロナ禍で株価絶賛下落中の銀行株、バンクオブアメリカ(BAC)を買い増ししたので、その流れにそって不労太郎も買い増ししました!笑米銀行はFRBの強い支配下にあり、持ち分が10%を超えると報告の義務が生じます。それを嫌ってかバフ
『バフェット先生が買い増しした銘柄を買い増し!銀行株は必ずポートフォリオに入れるべき理由。』の画像

どうも!不労太郎です。城を落とすためには、まず『 堀 』を突破しないといけない。こいつが頑丈だと落とすのに苦労する…。これが企業に例えると『 経済的な堀 』今回のテーマである『 経済的な堀 』とは、オハマの賢人と言われるウォーレン・バフェット氏が提唱し、
『大きなマーケットシェアを持っている企業が必ずしも『経済的な堀』がある優良企業なのか?ROICやROEを必ずチェックしよう!』の画像

どうも!不労太郎です。ウェルズ・ファーゴ(WFC)が2020年第1四半期決算を発表しました。売上高177億1700万ドルで前年同期比18%減、純利益も6億5300万ドルで前年比同期で89%減、GAAPEPSは0.01ドルと凄まじい数値でした。なぜこんな結果になったかと言えば、【 コロナショ
『ウェルズ・ファーゴ(WFC)が2020年第1四半期決算を発表。純利益89%の大幅減でもホールドを貫く理由。銀行の経済的な堀を考える。』の画像

↑このページのトップヘ