不労太郎の『働かないで生きる』

アーリーリタイアのために外国株中心に不労所得を形成中!とにかく働きたくない20代(独身)が毎日、だらだらと真剣に労働から解放されるための方法を考え、発信するブログ。基本的には、お金と株の話が大部分を占めます!

不労太郎の『働かないで生きる』 イメージ画像

オキシデンタル・ペトロリウム

どうも!不労太郎です。サウジアラビアのエネルギー省が国営石油会社、サウジアラムコに対し6月の産油量を追加的に日量100万バレル減らすように指示を出しました。これは、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国で構成されるOPECプラスの減産合意に上乗せするもので、追加分は世
『【原油】サウジアラビアが追加減産を表明!コロナで需要がないんだからみんなで仲良く同じ分だけ減産してほしいと思う理由。』の画像

どうも!不労太郎です。先日、バークシャーハサウェイ社の株主総会がリモートで開催されました。そのなかで最近、買ったオキシデンタル・ペトロリウム(OXY)に関する質問と回答をご紹介します。質問者『オキシデンタル・ペトロリウムの株価が大きく下落しているがどう考え
『バフェット氏、最近買ったOXYに関して『1バレル=20ドルくらいなら何とか採算がとれる』』の画像

どうも!不労太郎です。ことの発端は、3/6に石油輸出国機構(OPEC)OPECと非加盟産油国で構成されるOPECプラスで、サウジアラビアが提案した日量150万バレルの追加減産案をロシアが拒否したことで、原油価格が1バレル=20ドル程度まで大暴落したことでした。原油価格はエネル
『原油価格戦争が歴史的合意で終止符。減産しても依然、供給過多?それとも原油価格上昇して、エネルギー株の株価も上昇か?それなら買い増しだ!』の画像

どうも!不労太郎です。この急転直下…笑    えない。ある意味オイルショックの再来3/6、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国で構成される『OPECプラス』でサウジアラビアが提案した日量150万バレルの追加減産案をロシアが拒否したことを皮切りに、原油価格が約30%下
『オキシデンタル・ペトロリウム(OXY)が、原油価格下落&コロナショックのダブルパンチで直近の高値から驚異の86%下落。減配が予想されるこの銘柄をどう扱うか検討!』の画像

↑このページのトップヘ