不労太郎の『働かないで生きる』

アーリーリタイアのために外国株中心に不労所得を形成中!とにかく働きたくない20代(独身)が毎日、だらだらと真剣に労働から解放されるための方法を考え、発信するブログ。基本的には、お金と株の話が大部分を占めます!

不労太郎の『働かないで生きる』 イメージ画像

心理学

どうも!不労太郎です。例えば、周囲の人が全員iPhoneを使っていたら、自分もiPhoneじゃないといけないと思ったり、みんな並んでいるお店だから、美味しいに違いないと思いこんだり…『赤信号みんなで渡れば怖くない』といった間違った答えと分かっていても、同じことをする
『株式投資をするうえで知っておく必要がある心理学『ハーディング効果』。みんなが良いと言っている株には手を出すな!単なるリスク資産にしかならないと思う理由』の画像

どうも!不労太郎です。今回は、以前、記事にしたマコービッツ氏の論文のその後に関する内容になっています。マーコビッツ氏の論文から10年後にビル・シャープ氏という若い博士課程の学生が、ポートフォリオ理論についてマコービッツ氏と話す機会を得て、マコービッツ氏の理
『キャピタル・アセット・プライシング・モデル(CAMP理論)では、市場に参加すること自体がリスク!そのリスクから逃げれるかもしれない唯一の方法とは?』の画像

どうも!不労太郎です。なぜか株のイメージって写真みたいなことを想像される…先日、友人と株の話になりました。友人と株の話になってもほとんどの友人が、『株=パソコンと睨めっこして死ぬほど負けるもしくは勝つ』というイメージを持っているというのが不労太郎の印象で
『一生懸命、考えて株の取引きをしても自分の首を絞めているという現状』の画像

どうも!不労太郎です。 人間は欲望の塊!笑今回もノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン氏の話をしていきたいと思います。この方は、心理学の研究を経済学に持ち込み、とくに人間の判断や意思決定に関する研究をして、多大な貢献をしたということが受賞の理由と
『投資において心理学が重要である理由』の画像

どうも!不労太郎です。 投資においても、みんなが買っている株に利益なんてない!今回は投資家が陥りやすい心理学的な落とし穴を1つ紹介したいと思います。それが『赤信号みんなで渡れば怖くない』といった、理屈どうこう関係なく、ほかのみんながやっていることに従いたく
『『赤信号みんなで渡れば怖くない』にみる投資家が陥りやすい落とし穴とは?』の画像

↑このページのトップヘ