不労太郎の『働かないで生きる』

アーリーリタイアのために外国株中心に不労所得を形成中!とにかく働きたくない20代(独身)が毎日、だらだらと真剣に労働から解放されるための方法を考え、発信するブログ。基本的には、お金と株の話が大部分を占めます!

不労太郎の『働かないで生きる』 イメージ画像

株式投資

どうも!不労太郎です。ニューヨークダウが終値でも史上初の3万ドルを突破しましたね!世界中のみなさんの資産が増えて、めでたいです。笑世界経済は人が豊かな生活を望む限り成長し続けます。たまに足踏みすることもあるかもしれませんが、年1-2%成長するのが正常なので、
『今月(11月)はダウが3万ドル突破したので、買うのはやめておこうと思います。』の画像

どうも!不労太郎です。最近、株式市場はコロナなんてすでに忘れて絶好調ですね。ダウなんてもうすぐ節目の3万ドルですからね。ただ個人的には株価が上がって、自分の資産が増えることに対して嬉しい気持ちがあるのですが、なぜか気持ち悪いんですよね。まぁ確かにワクチンが
『ワクチン完成&投与でダウは3万ドルへ!…でも気持ち悪さを感じる理由。そんな相場で長期投資家が取るべき行動は?』の画像

どうも!不労太郎です。当ブログ管理人は超長期投資を実践中です。基本的に自分が良いと思うものをコツコツ買って基本的には永遠と持ち続ける方法です。さて、超長期投資には健康が一番重要ということはご存知でしょうか?昨日、テレビで巨人の菅野投手がっていたのですが『
『長期投資はスポーツであり、ゲームでもある。自分の体の管理ができないひとに株式ポートフォリオを正しく管理することは不可能です。』の画像

どうも!不労太郎です。最近ではあのオハマの賢人と言われる、ウォーレン・バフェット氏も購入した製薬会社大手のアッヴィ(ABBV)より四半期配当を受領しました。今回も前回と同じ一株あたり1.18ドルでした。アッヴィは次回の四半期配当(2月)より増配を発表しているので、
『【配当】製薬大手アッヴィ(ABBV)より配当金受領。ボトックスという商品に期待せずにはいられないと思う理由。』の画像

どうも!不労太郎です。今回は長期的にみて中国株をポートフォリオに組み込むべきなのか考えていきたいと思います。この内容を考えるキッカケとなったのが、投資界のスティーブ・ジョブスの異名を持つレイ・ダリオ氏の『時間は中国の味方であり、米国を凌ぐのは運命だ』とい
『長期投資家にとって中国株は買いなのか?』の画像

↑このページのトップヘ