どうも!不労太郎です。


心理学に【 認知的不協和音の解消 】という考えがあります。これは、イソップ物語の一部のキツネとぶどうの話が理解しやすく、例としてよく挙げられています。


美味しそうなぶどうがなっているけど、背の低いキツネには届かない。なのでキツネは『あのぶどうは酸っぱいに違いない』と自分に言い聞かせ、心の折り合いをつけるってな感じの話です。


普通に解説すると、自分が希望することと実体があっていない場合の心の中に生じる不快感を、解消するために事実が変わらない場合、自分の解釈や判断を変えることで心の折り合いをつける心理的行動のことです。


式投資で言うと、『この株は上がる!』と思って買ったにも関わらずズブズブと下がっていったとします。この時、自分の判断が間違ったことを認めたくないのです。


そうなると、自分の判断や行動を正当化しようとします。


ここで起きやすい言動、行動が、人のせいにして自分は悪くないと思い込むことや、ナンピン買いすることです。


まぁ人のせいにするのはお金的にはさほどダメージは少ないですが、人間関係は壊します。笑


お金的に大ダメージを被るのがナンピン買いの方ですね。


自分の判断は間違っていない⇒でも株価は下がっている⇒今ここで買えば取得単価が下がりマイナス分が減るし、安心。次の上昇時にはウハウハだ。⇒ナンピン買い


⇒さらに株価が下がり怖くなって売却⇒大損害…みたいな感じですね。


の友人を見ていても、ナルシスト系の人が株式投資でこういった失敗をよくしている印象です。自分大好き、自信過剰の人ですね。


株式投資はちょっと不安症な人のほうが向いているのかもしれないです。


ご武運を!

毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村