どうも!不労太郎です。

Screenshot_20200707-004106457_1


英国と米国で電気を供給しているピーピーエル・コーポレーション(PPL)より配当金を受領しました。今回も前回の四半期配当と同じ1株あたり0.415ドルでした。


公益事業株から配当を貰うたびに当ブログでは、しつこいくらいに公益事業株をポートフォリオに入れるべきだと訴えています。


ぜか?それは単刀直入に言うと『インフレに対抗しやすい』から。


インフレとは物価の上がること。逆に言うとお金の価値が下がることです。健全な経済活動がなされれば確実にインフレが起きます。


このインフレから自分の大切なお金を守ること、とにかくこれが大事なんです。


公益事業会社は生活に必要不可欠な会社です。電気、水道、ガス…停止させられたら相当なサバイバル技術がある人以外は生きていけないです。


電気、水、ガスなど各家庭に届けるためにはコストがかかるわけですが、インフレでこのコストも上がってしまいます。もし公益事業会社が値段据え置きにするとほぼ利益がでないことになってしまい、いずれは潰れてしまいます。


ので、インフレによるコスト上昇をエンドユーザーの料金を上げることで相殺させます。


『そんなの不当だ!訴える!』と怒り狂う人もいるかもしれませんが、これは国が認めているので怒るだけ無駄です。その怒る力を別に向けたほうがいいです。笑


そんなこんなで、PPLの10年分の損益決算書のデータです。

営業利益

CF

EPS

EPS等に多少のバラつきがありますが、公益事業株のほとんどがこんな感じなので問題ないと思っています。楽観的かな?


し、個別に買うのが心配であれば、公益事業株を集めたETFも存在します。バンガード社の【 VPU 】というETFがありますので、気になった方は調べてみるといいと思います。


PPLに関しては問題ないと思いますので、このまま余裕のホールドです。


インフレから資産を守るという観点をもつと投資の幅が広がるかもしれないです!


ご武運を!


毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村