どうも!不労太郎です。

Screenshot_20200916-202412919_1


巷ではAI(人工知能)を使った資産運用サービスが人気のようです。


このサービスのメリットは、少額投資可能、ロボットに任せるので投資の知識がいらない、自動なので手間がかからない、感情に左右されずプログラムされた最適な資産配分で投資ができる。


など…ですかね?メリットだけ聞くならとてもよいサービスだと思います。


かし、これだけは言わせてください。このサービス、素人をカモにしています!


その理由は【 手数料 】にあります。


こういったサービスの手数料(経費率)は大体、1%/年です。


『なんだたった1%で楽して儲けられるならいいじゃん!』


い。もうカモです。笑


そもそも、AIを使った資産運用サービスは短期で利益を出すようには作られていません。資産形成、10年から20年を想定しています。


つまり、長期投資ですね。


長期投資で一番大事なのは、手数料などのコストを抑えることです。


なにも知らないと今回の1%が高いのか低いのか分かりません。


っていると、この1%…ふつうに高いです。私なら絶対に手を出しません。長期的にみてほぼ確実に負けます。


ちなみに、アメリカ市場3500社に投資したことになるVTIの経費率は0.03%です。(別途、購入手数料がかかるときもあります。)


両方ともに100万円投資したとして、仮にどちらも年10%の利回りで成長したとします。


複利計算で30年後、AIは約1320万円、約1730万円となります。


400万円ぐらい差がでますね。自分でやるのか、機械に任せるのかで…


まぁそもそも、機械に任してる人は勉強する気がないので詐取されてることにも気づかないので、ある意味、幸せかもしれないですね!笑


長期投資、資産形成したいなら、コストを抑えるために自分でやりましょう。


コストの株式インデックスや債権インデックスを選んで、毎月、決まった額を購入するように設定し、あとはそれのことを忘れれば30年後、機械に頼らなくても資産はかなり膨れ上がってると思います。


ご武運を!


毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村