どうも!不労太郎です。

Screenshot_20200908-212745809_1


いきなりですが、当ブログの管理人、不労太郎の最終目標はアーリーリタイヤすることです。一般的に言われている経済的自立ってやつですね。


その経済的自立を達成するまでに3つのプロセスがあるのをみなさん、ご存知でしょうか?


3つのプロセスとは…


①経済的安定

②経済的活力

③経済的自立


のことです。一つずつ解説していきます。


経済的安定とは、生活の心配をしなくていいレベルを指します。生きている間に、家賃や住宅ローン、食費、雑費、水道・光熱費・通信費、交通費、保険料を払わなくてよくなったら生活はどうなるでしょう。


安心して暮らせ、生活の質がきっと向上すると思います。


ちなみに不労太郎の上記の項目の出費は大体13-14万程度でした。つまり年換算すると、約170万円/年となります。この170万円を働かずに捻出できるのかが第1段階の焦点です。


もし配当(投資額の5%がもらえるとして)でこの170万円を捻出しようと思うと、約3600万円ほど必要になります。この3600万円を低コストのS&P500指数に連動するインデックスファンドに投資して作るとします。


S&P500指数の直近45年での平均リターンが約8%なので、単純に年8%で増えるマネーマシン(インデックスファンド)に積み立て投資をした場合、毎月10万4000円を積み立てた場合で約15年で達成することが可能となるわけです。


ちなみに10年で達成したい場合は、約20万円投資しないと達成できないことになります。


『こんなに毎月、投資できない。あきらめよう』と…思わないでくださいね!笑


逆に言うと、毎月10万円投資すれば15年後には【 経済的安定 】が手に入るということです。家賃も食費も基本的に生活に必要な出費は、自分の財布から出さなくてもよくなります。


次の経済的活力とは、プチ贅沢費も払わなくても良いレベルです。人によって違いますが年一回の国内旅行や飲み代、その他娯楽費を含めた額で計算します。ここからは計算しませんが3600万+αが必要になります。


次の経済的自立とは、貯蓄と配当や利子だけで生活に必要な経費をすべてまかなえるレベルです。ライフスタイルを維持するために働かなくてもよい、ということになります。不労太郎的には年に350万ー400万ほどになります。これを達成するためには1億円程度必要になります。


しかし、長期投資においては複利で増やします。上記の経済的安定を毎月10万円積み立てて、約15年かかりますが、この状態をさらに10年続けると、1億円達成できます。


、経済的自立をするためには、S&P500指数に連動する低コストのインデックスファンドに毎月10万円を25年間継続すればよいということです。


ここで注意してほしいのは、全員がエベレスト山の頂上(完全なる経済的自立)に登る必要はないということです。自分の一番、幸福を感じるステージはどれか、当てはまるところを目指せばいいと思っています。


そのために具体的な数値を出すことは、必ず必要です。プロのスポーツ選手が必ず目標を設定して練習に取り組むのと同じです。


にかく、紙に書いたり、ブログに書いたり、声に出したり、表出し実行に移すことが経済的自立への第1歩だと思い、今後も経済的自立に向かってブログを更新していきたいと思います!


ご武運を!


毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村