どうも!不労太郎です。

Screenshot_20200825-220929328_1


米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズが8/24、ダウ工業30種平均の構成銘柄から石油メジャーのエクソン・モービル(XOM)、製薬大手のファイザー(PFE)、防衛大手のレイセオン・テクノロジーズ(RTX)の除外すると発表し、


代わりに顧客管理ソフト大手のセールスフォース・ドットコム(CRM)、製薬大手のアムジェン(AMGN)、産業機械大手のハネウェル・インターナショナル(HON)が組み込まれるとしています。


れにしてもまた、急な入れ替えですよね。詳しくは分かりませんが、小国を作れるぐらいのお金を持っているアップル(AAPL)が1株を4分割にすることが要因の一つらしいです。まぁエクソン・モービル等もコロナ渦で株価は全然、冴えなかったから足手まといはいらないっていう感じも伝わります。


そして、今年の11月には大統領選挙があります。株価が大統領の成績表なんても言われてますから、トランプ大統領は是が非でも株価を上げたくて、陰で圧力をかけていたかもしれませんね。あくまで想像ですが…


これでかつて、米国最大の時価総額を誇ったエクソン・モービルも陥落です。一時代の終焉て感じですね。昔は石油が金のなる木でしたが、時代は変わりました。


客管理ソフト大手のセールスフォースが入った感じで察すると、今の時代の石油は、膨大な人間のデータ、ビックデータという感じです。


いかに早く、大量のデータを効率よく集めた企業がこの時代の栄冠を掴むのでしょうね。


アップル、フェイスブック、アマゾン、グーグルが頭一つ以上抜きん出ていますが、こやつらの株は今からでは不労太郎的に手を出してはいけないと思っています。


人々の期待が株価に乗っかりすぎて、本質的価値以上の価格になっていると考えているからです。


あるお店に行って、素人がみても良い品だと分かる商品が類似品より10倍近く高い値段で売られていたとして買いますか?


買う人は買うと思いますが、はっきり言って素人が手を出すと大やけどすると思います。


きるだけ定価で買う。もしくは定価以下で買う。これを忘れずに不労太郎は株を買っていきます。


ご武運を!



毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村