どうも!不労太郎です。

Screenshot_20200219-203426316_1


神経学、腫瘍学、疫病学を中心とした新薬の開発、製造、販売に従事する医薬品メーカーのバイオジェン(BIIB)が、エーザイと共同開発したアルツハイマー治療薬を米FDAに申請完了したと報告しました。


この報告が、株主の期待に繋がりBIIBの株価が一時、10%の急上昇を見せました。


、ここまで急上昇したかと言うと、アルツハイマー型認知症の患者が世界にむちゃくちゃたくさんいるからです。


ある論文では、世界の認知症患者数は2015年は4680万人、2030年には7500万人、2050年には1億3000万人にまで増えると言われています。


医療の発達により、長く生きる人が先進国を中心に圧倒的に増えています。日本だけの問題ではありません。人間の脳は高度すぎるので、老いというものにとても弱く、100年も正常に使えるほど代物ではありません。体が動いても肝心の脳が動かなければ生きていても意味がないと思います。


アルツハイマー型認知症には様々な症状があり、記憶力低下、判断力低下、時間や場所がわからなくなる、話している言葉が理解できない、などの症状がでます。


労太郎は医療従事者なので、認知症のかたと触れ合う機会が多いのですが、正直言って少し対応するだけでかなり疲れます。もし、家族が認知症になって自宅で付きっきりで介助しようと思うと、おそらくノイローゼになるでしょう。


そのくらい、認知症とは厄介なのです。


もし、この認知症を薬で予防、もしくは症状の緩和、改善が認められるのであればこんなに楽なことはないと思います。


今回、BIIBが米FDAに申請した【 アデュカヌマブ 】が無事、承認された場合、市場にでる世界初のアルツハイマー型認知症治療薬です!


そうすれば、今後、爆発的に増える認知症患者に投与されるでしょう。


どっかの有名投資家がこんな感じで言ってたな。『自分の得意な分野に投資しよう』


BIIBに投資してみたい!と思った今日このごろの話でした。


最後に10年分の損益計算書のデータを…

営業利益

EPS

CF

ご武運を!



毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村