どうも!不労太郎です。

Screenshot_20200705-205352806_1


さて、会社員のみなさまが楽しみにしている時期がやって参りましたね!


『そんな会社員の楽しみあったっけ?』と思われるかたもいるかもしれませんが、


…そう!【 ボーナス 】【 BONUS 】【 賞与 】 です!笑


ちなみに実力社会、真の資本主義社会のアメリカでは、企業の管理職や中間以上の企業収益UPに貢献したと考えられるごく一部の人しかボーナスを受け取ることができず、貰える額も貢献度に応じて5%ー40%とかなりの差がある模様です。


もそも、ボーナスとは上記のアメリカのように会社の利益に貢献した者にのみ対価として払われるお金です。日本の法律上の解釈でも、会社はボーナスを支払う義務はありません。


会社側が支払うと約束をしても、業績が悪いからと言って支給額を下げても労働者側は、唇をかみしめてその条件をのむしかないのです。


ちなみに基本給は、双方ともの合意が必要なので簡単に下げることはできないと不労太郎は解釈しています。


前振りが長くなりましたが…


不労太郎の財布にもコロナの影響が出始めました。


7月支給予定のボーナスが約11%減が正式に決定したと悪報が…


ちなみに20代後半、病院勤務(技術職)です。ボーナスで米国株を買おうと思っていたのに少し買える株数が減ってしまいそうです。


『10%減なんてかわいいもんじゃないか』、『こっちはボーナスなんて最初からないわ』などと言われそうです…笑


こういう時に思うのは、住宅ローンでボーナスをあてにして返済をしているかたは大変だと思います。35年ローンを組んだとして、35年間会社がボーナスを払うと約束しているわけではないので、なしになったときに家計は火の車です。


銀行なんかはちょっとでも滞納すると、ほら競売だのなんだの言ってきて、家が取られてしまいますしね…


住宅ローンなどの借金をするときに、ボーナスを期待して返済計画をたてるのは、愚の骨頂!


のたけにあった買い物を!


ボーナス減額かぁ。働く気持ちがガクッと落ちました。やっぱり働きたくない。


働かないでよくなるまで、株を買い続けていきます!


ご武運を!


毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村