どうも!不労太郎です。

Screenshot_20200629-232916943_1


みなさんにとってはどーでもよい話かもしれませんが、我が職場では少子化が進んでいることを忘れるくらいの出産ラッシュ中です。


当職場では、政府が推奨しているように男性側、つまり夫の育児休業を推奨しており、かなり取りやすい環境が整っていると、若い身ながら思っています。


かし、夫側が育休をとりません。とっても1か月や長くても2か月…


部長などは半年や1年でも良いと言っているのにも関わらずです。そんな職場そうそうありません…よね?


なので、最近、子供が生まれた家庭のお父さん側に無礼ながらも聞いてみました。


そうすると、みな同じ回答でした。


れは…そう【 お金 】の問題です。


育休手当は、休業開始時賃金日額(育休開始前の6か月分の収入を180で割った数字)×支給日数×67%で計算された額が支給されます。


月収が単純に2/3になってしまいます。子供が生まれて何かと物入りの時期に…です。


単純に月収25万円であれば、16万円くらいです。社会保険料等が免除されますが、住民税は支払わないといけないので、ざっくり13-14万くらいになると思われます。すくないですよね。


そんなかんじのお金の問題で育休を長期にとることを断念、もしくは短期間だけの取得でとどまってしまうのが我が職場の現状です。


ってなかんじですが、急に株式投資の話になります。


育休をとって10万円の不足分が働かずにもらえたら、しっかりと長期に育休がとれると思いませんか?


その働かずしてもらう10万円が株式投資における配当金というわけです。


純に半年育休をとるとしたら、10万円×6か月=60万円が不足します。例えば、5%の配当をだす会社に1200万円投資すれば、60万円もらえるので不足分を補えます。


『1200万円なんて無理じゃぼけ!』と怒られるかたもいるかもしれませんが、子供が生まれるまで夫婦で協力してやれば、やれなくはない額だと思いますよ。


結婚もしていないやつが言うなって?すいません!言うのは勝手なので許してください。笑


自分が結婚して子供が生まれたら、フルで育休を取ってやろうと思っています。そして、二人で育児を頑張りたい。そのためにも今、実施している長期投資での株式投資をコツコツ続けていきます。


職場の先輩のようにお金の関係で自由な選択を取れない人生から卒業するために。


毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村