どうも!不労太郎です。

Screenshot_20200623-223155190_1


不労太郎は投資をするうえで、その会社の投下資本利益率(ROIC)と自己資本利益率(ROE)をとても重要な指標になると考えています。


違いを知るにあたって、まず、ROIC、ROEとは何か?を簡単に説明します。


ROICとは、会社がビジネスをするにあたって投じたお金を使って、どのくらい利益を生み出したかという指標です。


飲食店で簡単に例えると、1000万円を使ってお店を開き、初年度に100万円の利益を出した場合、ROICは10%となります。(すごく簡単に言っています)


一般的な計算式はROIC={営業利益×(1-税率)}÷(株主資本+有利子負債)。


まり、会社の営業利益が高く、株主資本と有利子負債が少ないとROICは高くなるということです。


似たような指標であるROEは、会社の自己資本(株主資本)に対してどのくらいの(純)利益を生み出したかという指標です。


上記の飲食店で例えると、1000万円(借金)でお店を開いたとしても、まだ500万円の資金が残っていたとします。その状況で初年度に100万円の利益を出した場合、ROEは20%(100万/500万)


一般的な計算式はROE=当期純利益÷自己資本

または、ROE=EPS(1株あたり利益)÷BPS(1株あたり純資産)


ので(純)利益が高く、自己資本が少ないとROEが高くなります。


ROEを見るうえで注意点があります。バランスシート上で自己資本が極端に少ない状況だと、少ない利益でROEがかなり高くなってしまうことです。ROEが高くても実際はさほど利益を上げていないよいうことです。


逆にROICは、計算式から見て分かるように有利子負債がしっかりと組み込まれています。借金込みでその会社のビジネスがどのくらい効率よく利益を出しているかが分かるわけです。


まり、返さなくても良いお金(自己資本)を効率よく使って利益を出しているか示す指標がROE。借金を含む資本を使って効率よく利益を出しているかを示す指標がROIC。


どちらの指標も高いに越したことはないのですが、ビジネスの効率性や競争優位性を確認するにはROEよりROICのほうが優れていると不労太郎は考えます。


ROICの高いビジネスを所有する会社を、安く購入できれば十分な利益を出せるのでは?と考えている今日この頃…でした!笑


ご武運を!


毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村