どうも!不労太郎です。

Screenshot_20200317-000426493_1
ジェットコースターなら個人的に富士急ハイランドのフジヤマが好き


また、サーキットブレイカーが発動されましたね。ニューヨークダウは一時2800ドルの下落し、ジェットコースターより急激な上下運動をです…


さて、オハマの賢人ことウォーレン・バフェット氏がYahoo!financeのインタビューに答えていたので記事にしてみました。コロナショックの打撃を受ける経済、航空業界に対しての内容です。


航空業界への影響は悲惨だ。私はいつも、いつかパンデミックが起こるだろうと思っていた。
航空業界に対する質問でバフェット氏は上記のように答え、コロナショックが大きな悪影響を及ぼしていることを認めました。



ランプ大統領は14日、新型コロナウイルス対策として、当初は欧州26か国を対象に入国制限を発動していたのを英国、アイルランドに広げると発表しました。これにより、さらに多くの人の流れが停止するころになります。



これにより、バフェット銘柄である【 デルタ航空 】は欧州との直行便を全便30日間運休することを決定し、今年の業績見通しを取り下げました。



しかし、バフェット氏はこうも答えています。

しかし、長い目でみてコロナウイルス問題が、米国や世界の進歩を止めることはない。世界には今後5年、10年、20年で他のことも起こるだろう、世界とはそういうものだ。道は平らではない。人間の進歩とは信じられないほどで、止まることはない。

つまり、長い目でみれば、人類は進歩を続けることを確信しており、コロナウイルスも克服する可能性が高いとバフェット氏は考えています。そうした考えを信じるのであれば、市場の暴落時は『やっぱり買い』であるということになります。


後に、インタビュアーが質問しています。『航空関連株は売りますか?』バフェットは即答で『航空関連株は売らないよ』…と。


確かに、コロナウイルスがこのまま人類を絶望に落とすようなウイルスとは思えない。バイオハザードみたいなゾンビになるウイルスなら別だけど…笑


やっぱり一時的なもの。確かに一時的には業績が落ちると思うけど、大手企業には体力があり、倒産の可能性は低いと思います。


バフェット氏が考えるように、時間を味方に変え、超長期個人投資家のかたは現在のようなパニック相場で一握りの超優良株を買い占めることが、勝つ秘訣です!


終的に人間はコロナに勝利する!


感染しないように手洗い、うがいを!ご武運を!


毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村