どうも!不労太郎です。
Screenshot_20200225-204803208_1
きっとバフェット氏も腕まくりをして、望んでくるはず!


先日、バークシャー・ハサウェイの会長兼最高経営責任者(CEO)を務める、オハマの賢人ことウォーレン・バフェット氏が米CNBCのインタビューに答えていたので、記事にしてみました。


新型コロナウィルスの世界的蔓延(パンデミック)懸念にて市場は絶賛、暴落中ですね。もちろん不労太郎のポートフォリオも真っ赤っかです。笑……えない。


以下にウォーレン・バフェット氏のインタビュー記事抜粋です。

新型コロナウイルスは怖い。しかし、一時的にサプライチェーン(供給網)が混乱するかもしれないが、株式の取引に影響することではない。長期投資家は日々の一喜一憂のニュースに左右されてはいけない。現状を見れば、債権より株式の方が利益率が高い。バークシャーハサウェイ社としては、確実に買う方向に傾いている。現時点でも10年ー20年間の企業の収益力に関する見通しは変わらない。
はり、バフェット氏も新型コロナウイルスによる経済打撃は一時的なものと考えているようです。不労太郎も同感です。どうせ、2020年の年末ごろには、『新型コロナウイルスでマスクまったく売ってなかったよなー』とか言っていると思います。


こういった相場下落時に買うのは勇気がいるかと思います。しかし、バフェット氏が素晴らしい考えと絶賛しているハワード・マークス氏が『投資リスクは、最もリスクがないと思われているところで、最も高くなっている。逆もまたしかりだ』と著書の述べています。


なかなか深い言葉です。普通に読み取ると意味が分かりません。とにかく、『この株は高リスクだ』とみんなが言っている株は低リスクの可能性があるという解釈です。なんとなくは分かるのですが、うまく説明できません。上手く説明できる読者様がいれば、教えてください!


純明快!今回の相場下落は、買い一択!


昨日も買い増ししたけど、AXPとWFCに金融セクター中心に買い増そうかな!だってもとからPER低いから…


投資は自分の許容範囲内でお願い致します。

毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村