どうも!不労太郎です。

Screenshot_20200224-193613510_1


昔から、『家(一戸建て)を建てたら一人前』という訳の分からない言葉を親から聞かされてきたかたも多いのではないでしょうか?これは、建築関係者が利益を出すために生み出した格言で、結婚式と同じような感じです。現代社会において、必ずしも家を建てる必要はありませんし、結婚するにあたって結婚式をしなければならないわけではないです。


れもそれも、業界側の都合の良いように仕向けるための戦略に他なりません。


さて、今回は家を建てて一人前という文言を鵜呑みにして、家を建てたとして話を進めます。細かいことを省略して、一気にお金の話をします。


3000万円の土地付き一戸建てが欲しいとします。一括で3000万円払える人はそういないと思うので、今回は頭金なし、35年ローン、固定金利1%で住宅ローンを組んだ場合の、総返済額がいくらになるか計算していきます。(3000万円を一括で払える人は…ここから先は読まなくてもいいと思います。)


ちなみに返済方法は、毎月の返済額が一定となる『元利均等返済』とします。総返済額を計算するには少し複雑な計算式を用いないといけないので省略しますが、総返済額は3556万7700円になります。


かが金利1%でも3000万円を35年の長きにわたって借りると、利子だけで約560万円を払わないといけなくなってしまいます。


この計算では毎月約8.5万円の返済になります。『なーんだ毎月8.5万か。なら今の家賃ともそう変わらんし全然いけるな』と思ったあなた…要注意人物です。カモにされる可能性があります。笑


家のローンだけなら良いのですが、実際には固定資産税(平均的に10-20万円/毎年)がかかったり、月日がたてばボロくなり住み続けるためにはリフォーム代(うん百万円?)もかかります。


『持ち家は資産』言う人がたくさんいますが、築年数が経過した家にはほとんど価値はありません。価値があるのは土地ぐらいですが、少子高齢化により人口減少が進む日本では、特に田舎の土地では価値はなくなってしまう可能性が高いです。


他にも住宅ローンを払っている間は、正式的には家の所有者は住宅ローンを組んだ銀行などにあるため、払い終える前ではあなたの所有物ではないということも頭に入れておきましょう。


そのため、35年の間に不景気の煽りをうけてリストラされ、住宅ローンの返済ができなくなった場合、銀行は躊躇なく、あなたの住んでいる家を競売にかけて売り払ってしまいます。実際に住宅ローン破産の件数も右肩上がりです。


にかく、不動産屋の『今の家賃より安く、マイホームが手に入る』という文言は嘘です。家に関しては額が額なので、しっかりとした金融リテラシーを身につけて、身の丈にあった家を購入することをオススメします。

毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村