どうも!不労太郎です。

Screenshot_20200204-195413270_1
できることなら…払いたくない!悪魔の集金部隊め!笑

医療費控除とは、1月1日から12月31日までの1年間で、払った医療費が10万円を超えた場合、超えた分の額を所得から控除できる制度です。しかし、保険金等で補填された金額がある場合は、その額を差し引いて10万円を超える場合にのみ控除が可能です。


まぁ健康なかたはまず年間10万円なんて超えることがありません。しかし、この制度にはすごい特徴があります。それは、生計をともにする『家族の医療費』『市販の薬代』『病院へ行くときの公共交通機関の交通費』などを一緒に計算できるということです。


まり、領収書(レシート)は絶対に捨てるな!ということです。もし、領収書をどこかに保管してあるなら、今すぐかき集めて計算してみてください。特に小さいお子様、ご高齢のかたと一緒に暮らしている方は10万円を超えているかもしれません。


もし、10万円を超えている場合、会社で行っている『年末調整』では控除の申請はできないので、『確定申告』を行う必要があります。…確定申告なんて難しくてできない…なんて思わないでくださいね!


不労太郎も初めて確定申告をしたときは、戸惑って時間がかかったことを覚えています。でも安心してください。一度やってみれば、すごく簡単だったと思うはずです。


回の医療費控除に関しては、確定申告時に『医療費控除の明細書』を作成して確定申告用紙と共に提出するだけです。一応、領収書の提出はいらないとされていますが、税務署から提示や提出を求められる場合があるので、最低でも5年間は保管しておく必要があります。


確定申告って難しそうでやっぱり心配というかたはコチラの本がおススメです。不労太郎も最初にこの本を読んだおかげですんなりと確定申告ができました!



最後に、家族でも医療費10万円が超えないかたに朗報です。『セルフメディケーション税制』という制度があります。これは、医師に処方される医療用薬品から薬局で購入できる医薬品に転用された医薬品を指す『スイッチOTC薬品』の購入額が12000円を超えた場合に、超えた分の額を88000円を上限として控除できる制度です。


イッチOTC薬品…なんじゃそれは!?と思われるかたも多いかもしれません。対象商品には下記のような目印があるので、できる限りこの印がついた商品を買うとよいと思います。

Screenshot_20200204-195156358_1


しかし、セルフメディケーション税制を利用するには、健康維持や病気予防のためにその年の健康診断や予防接種などを受けていることが必要になるので、証明できる書類も残しておく必要があるので注意です。


純明快!家族全員の医療関係の領収書(レシート)は必ず取っておく!市販の薬を買うときもセルフメディケーション税制の対象商品を買う!限度額を超えた場合は必ず確定申告して、払いすぎた税金を取り戻す!以上!笑

毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村