どうも!不労太郎です。


ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当金を受領しました。1株あたり0.94ドルでした。

Screenshot_20191223-193608295_1
エネルギセクターの業績は『原油価格に左右される』と言うけど…きっとそのなかでも上手く利益を上げている企業があるはず!


最近、バフェットのポートフォリオにオキシデンタル・ペトロリアム(OXY)が追加されたことをきっかけに、当ブログでも調査をしました。詳細は下記をご覧ください。



調べたことで、『あれ?RDSBよりOXYのほうがいいんじゃね?』と素直に思ったので今回、比べてみました。


そもそも、RDS-BとOXYは同じエネルギーセクターで、ビジネスモデルも非常に似ています。
ロイヤル・ダッチ・シェルはオランダのハーグに本拠地を置くオランダと英国の石油持株会社。原油・天然ガスの探鉱と生産のほか、ガスの液化と輸送、オイルサンドからのビチューメン抽出に従事。欧州、アジア、オセアニア、アフリカ、北米、南米で事業を展開。また、風力発電、代替エネルギー事業、石油製品と化学品の製造や販売も行う。

Yahoo!financeより引用
オキシデンシャル・ペトロリウムは米国の石油とガスの探鉱・生産会社。石油・ガス部門は原油、天然ガス液、コデンセート、天然ガスの探鉱、開発、生産を行う。化学品部門は基礎化学品とビニールの製造を行う。中流工程・販売・その他部門はガス収集・処理工場を操業し、資源の調達、輸送、貯蔵を行う他、パイプラインを所有、運営する。

Yahoo!financeより引用
ヤフーファイナンスの企業情報をみてもほとんど変わりない感じです。では、業績はどうか見ていきます。売上等は額が違うので『率』でのみ比べていたいと思います。


営業利益率

営業CFマージン

ROE

OXYの営業利益率、営業CFマージンの数値がRDSBを圧倒しています。ビジネスモデルは似ているのにここまで違うものかと率直に思いました。しかし、富創造の魔法のテコであるROEはどちらも10年平均10%とそこまで違いはありませんでした。


配当利回り(執筆当時)では、OXY=8.10%/年(15年連続増配)、RDSB=6.57%/年(2015年から増配なし)となっています。どちらも高配当です魅力的です。


今後の株価を考えると、OXYのほうが上がるのではないでしょうか?この高い、営業利益率と営業CFマージンが不労太郎的には魅力的に映ります。なぜなら、競争優位性の高さがマージンとして表れていると考えているからです。さらに、最近、米国独立系石油開発企業であるアナダルコを買収しており、競争優位性はさらに高くなると考えています。


えれば考えるほど、OXYが欲しくなってきたなぁ。RDSBは売りませんが、同じセクターへの分散投資の意味も込めて、OXYを近いうちに買うと思います。しかし、もうしばらくは考えていきたいと思います。


毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ