どうも!不労太郎です。



『子供が生まれたら学資保険』…と瞬間的に考えていませんか?そう考えている人は少し時代遅れかもしれません。

Screenshot_20191106-230644654_1
学資保険ではなく、違う方法もあるってことを知ってもらいたい!

資保険とは、子供が一定の年齢になるまで払い込んだ保険料から積み立てられたお金が、給付金の原資となります。給付金は、中学・高校・大学などの進学時に一定額を受け取るタイプ、大学進学時に満期金を受け取るタイプ、大学進学後に毎年一定額を受け取るタイプなど様々なタイプがあります。


保険期間中に契約者が死亡した場合や、高度障害状態になった場合などには、以後の保険料払い込みが不要になり、給付金が受け取れますが、死亡保障にかかる費用があるため、貯蓄性が下がることになります。


もそもですが、学資保険で用意できるのは、進学時に満期になるような積み立てたお金であり、子供にかかるお金の一部にしかすぎません。進路によるとはいえ、教育費だけでも1千万円くらいかかるとみた場合、出産を機に真剣に取り組む必要があるのは、『家計全体の見直し』です。


保険業界では、学資保険のことを『ドアノック商品』と呼ばれているのをご存知ですか?つまり、将来の教育費を過大に見積もり、そして不安を煽り、お店に相談をしにこさせることが目的なのです。そうなってしまうと保険会社の思うつぼです。なんだかんだで様々な保険を紹介され、契約してしまうのです。


保険の営業マン・レディーの対面販売に携わるひとの営業力を舐めてはいけません。『自分は大丈夫!』と思っているひとが一番、カモにされるでしょう。笑


子供が生まれたからといって、すぐに学資保険を検討するひとは、その後の人生における保険料負担が増えやすくなるタイプです。いわゆる保険貧乏になりやすいひとです。老後が長くなることが予想される現在では、保険との付き合いは最小限にとどめるべきです。


『子供が生まれたら学資保険』という考えは捨てて、別の方法はないか?と考えるのが良いでしょう。


不労太郎のお金の考え方では、『お金の流動性』を第一に考えるようにしています。今回の学資保険では、契約時に決めた時期じゃないと給付されません。しかし、人生なにが起こるか分かりません。本当に必要なときに使えないお金なんてお金ではありません。


ので、『必要なときに使える状態で、なおかつお金が増える可能性がある』というシステムを利用して貯蓄することが重要です。そのシステムでオススメなのが『積み立てNISA』です。20年間(40万円/年)800万円分の投資信託の利益が非課税になる制度です。そして平均して4-5%/年程度の運用益も期待できます(銀行金利0.001%)。


貯蓄型保険を選ぶかたの話を聞くと、『強制貯蓄性があるから』というかたがいます。ちなみに積み立てNISAもクレジットカードから引き落とし設定をしておくと、自動的に積み立ててくれますよ。


おそらく、子供が生まれてから学資保険!…ではなく、積み立てNISAで運用すれば複利効果もあり20年で1000万円程度の資金は確保できるものと思われます。さて、みなさんもLets'積み立てー!笑

関連記事


毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ