どうも!不労太郎です。

米中貿易戦争による影響で第2四半期決算では、調整後EPSが前年比28.3%減の2.20ドル(前年3.07ドル)、セグメント別では自動車と電子機器で厳しい状況との報告でした。


しかし!長期投資を前提に買うなら『NOW(今)』です!

なぜなら…
営業利益

ROE

CF

ご覧のデータからお分かりになるように、過去10年間で平均20%以上の営業利益率、EPSは約2倍に成長(2009年⇒2018年)、高収益企業(高ROE企業、10年平均:35%)、フリーキャッシュフロー潤沢(投資が少なくても十分な営業キャッシュフロー獲得)。

(伝説の投資家、ウォーレン・バフェットの投資対象銘柄基準にほとんど当てはまる状況!)


2018年に最高値(約240ドル)をつけましたが、その時のPERは約26倍です。この価格は、3Mの本来の価値、いわゆる定価価格だと考えています。不労太郎的計算では、3M本来の企業価値は大体1株あたり230-250ドル付近。最低でも現在の収益が続くという過程での計算です。上記のデータが十分にその価値を示していると考えています。長期投資前提ですので、いつその価格にまで戻るか、誰も予想はできませんが、この収益を維持できる企業であると思っています。本来の価値と現在の価格に差があるときは買いのサインです!


投資は自己責任で

毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村