どうも!不労太郎です。

money_ic_card_cashless


『Time is  money』『時は金なり』という言葉はみなさん聞いたことがあると思います。お金持ちの方の本を読みあさっている不労太郎ですが、やはり、お金持ちのかたは【時間の使い方】が非常に上手いと感じさせられています。


例えば支払い時です。お金持ちのかたは、現金決算をせずにクレジットカードなどのキャッシュレス決算で、少しの時間も無駄にしていません。


そして、現金決算をしている人で本当のお金持ちの人を見たことがありません。時間を大切にしない人は決してお金持ちにはなれません。


今回、支払い完了までの時間をキャッシュレス決算VS現金決算で調査した結果を報告します。

決算速度の差
Screenshot_20190912-202937246_1

現金、キャッシュレス決算速度の差
Screenshot_20190912-202945285_1

現金からキャッシュレスに変えるだけで、年間約3時間の自由に使える計算です。
※現金とキャッシュレス決算速度差(16秒)×1人あたりの平均買い物回数(1.7回)(約2回×365日)=9928秒(2.8時間)≒約3時間


ちなみに、お金を払う側(消費者)の時短にもなりますが、お金をもらう側(従業員)にも時短効果がでます。仮にコンビニで消費者全員がキャッシュレス決算を実施した場合、従業員1人あたりの労働時間が4時間も減るというデータもあります。


従業員の労働量削減や人員不足の解消に大いに役立つことが予想されます。


本題に戻りますが、3時間浮いた時間で何をしますか?不労太郎は不労所得の勉強をして、アーリーリタイヤに突き進みます!みなさんは何をしますか?浮いた時間でいつも通りスマホをいじっているだけでは何も変わりませんよ!


お金持ちのかたは、この3時間で数万円は稼ぐのだろうなぁ…


さーて、働かないで生きるために時間の有効活用方法も考えねば!


毎日の励みになります
クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村