不労太郎の『働かないで生きる』

アーリーリタイアのために外国株中心に不労所得を形成中!とにかく働きたくない20代(独身)が毎日、だらだらと真剣に労働から解放されるための方法を考え、発信するブログ。基本的には、お金と株の話が大部分を占めます!

不労太郎の『働かないで生きる』 イメージ画像

2020年03月

どうも!不労太郎です。ICEデータ・サービシズによるとボーイングの期間5年のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)保証料率は、465ベーシスポイントに上昇、一時は過去最高の488ベーシスポイントをつけたと報告しています。 クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)と
『ボーイング(BA)が『 債務不履行 』になる確率は約31%と予想される。倒産危機で株価は大暴落!配当も一時停止。実質的な無配転落でどうなるボーイング』の画像

どうも!不労太郎です。ニューヨークダウ先物価格が一時5%の下落を示しました。18時ごろでもマイナス3.3%の売り傾向です。今日の相場もある程度の忍耐力が必要になりそう…。ダウ18000ドルを下回る可能性もあります。これを下回ると次のターゲットは15000ドルでしょうか。
『今日の相場も5%程度の下落か?』の画像

どうも!不労太郎です。トランプ大統領就任。またこのガッツポーズがでる日が来るときはあるのか…2017年1月20日に就任した現大統領のトランプ氏。そのときのニューヨークダウの株価は19827ドルでした。しかし、2020年3月20日のニューヨークダウ終値は19173ドル。ついに貯金
『トランプ相場…終わる。就任時の株価を下回り、世界経済の終わりの始まりか?それでも株を買ったほうがいいと思う理由。』の画像

どうも!不労太郎です。タイトルにもある通り、『風船から空気が出ていくスピードは、風船の中に空気が入るスピードよりもかなり速い』という言葉は、それまでの動きよりも速く、短い時間で起きるということを表したものです。『それが何なの?』と思われるかたもいますよね
『『風船から空気が出ていくスピードは、風船の中に空気が入るスピードよりもかなり速い』。この言葉が意味することとは?』の画像

どうも!不労太郎です。先日はニューヨークダウが1000ドル以上高騰しましたが、本日は同等の下落が見込まれます。なぜかと、言うとニューヨークダウ先物価格が4%程度下落しているからです。ニュースでは、『景気刺激策好感』など後付けでむちゃくちゃなことを言っていますが
『不安定な相場は継続中。今日も1000ドル近く下げる可能性あり』の画像

↑このページのトップヘ