どうも!不労太郎です。


これから株式投資をしようと思っている人、もうすでに始めている人、みなさん思いは一つ!それは『お金を増やすこと』ですよね!


お金を増やす方法は2つしかありません

①働いた対価としてお金をもらう(仕事)

②投資をしてお金に働いてもらってお金を増やす(投資)


『仕事』と『投資』を順位付けすると、ほとんどの人が『仕事』が1位にきます。仕事をして働き、お金をもらう。そしてそのお金を投資に回すとみなさん考えます。


ここで自転車をイメージしてください。自分自身がエンジンで『仕事』がメインの車輪、『投資』が補助輪です。

dfe8564835b0f83429b24ddbaff96473_s


小さいころを思い出してみてください。まだあなたは補助輪なしでは自転車に乗ることができません。しかし、倒れそうになると補助輪が転ばないように助けてくれます。安心ですよね!


この安心感が『投資』とする考えが不労太郎流です。


20代や30代の時は若く、自転車を漕ぐ力(エンジン)が強いため、推進力がでて補助輪は必要ないでしょう。しかし60代になると漕ぐ力は弱ってしまい、倒れそうになることがでてきます。しかし、そういったときに助けてくれるのは補助輪です。つまり投資です!


しかもこの補助輪は、普通の補助輪ではありません。普通の補助輪なら経年劣化でボロボロになりますが、投資という補助輪は最初は脆いですが、時がたつほど強固になる性質を持ち合わせています


投資という補助輪は、すぐには強くなりません。20年~30年の長い期間が必要なので、最初からどーんとかまえましょう!


若い時に補助輪はダサいとか考える人もいるかもしれませんが、年老いた時に補助輪は必要です。そのため、投資は補助的にあなたのキャリア、人生を支えてくれるものと考えるのが一番良いと不労太郎は考えます


もし、エンジン付きの補助輪を手に入れて設置できれば、自転車は勝手に進んでくれます。その状態になれば、老後、毎年夫婦で海外旅行なども可能になり、幸せなセカンドライフが待っているでしょう



みなさんのセカンドライフが、究極の自転車操業状態にならないよう心から祈っております

みんなでセカンドライフは労働から解放されましょう!目指せリタイヤ!笑