不労太郎の『働かないで生きる』

アーリーリタイアのために外国株中心に不労所得を形成中!とにかく働きたくない20代(独身)が毎日、だらだらと真剣に労働から解放されるための方法を考え、発信するブログ。基本的には、お金と株の話が大部分を占めます!

不労太郎の『働かないで生きる』 イメージ画像

更新情報

どうも!不労太郎です。今回は、サラリーマンが行うべき節税対策②『扶養控除』に関してです。扶養控除はすでに活用しているサラリーマンのかたも多いのではないでしょうか。これは、自分の子供など、扶養している人、1人あたり38万円を所得から控除できる制度です。ちなみに
『【節税】サラリーマンが行うべき節税対策②『扶養控除』。同居していなくても扶養控除が受けれるって知ってますか?』の画像

どうも!不労太郎です。AT&Tは携帯電話×ブロードバンドサービス×動画配信(ワーナー・ブラザーズ)で勝負!通信大手のAT&T(T)より配当金を受領しました。今回は1株あたり0.52ドルでした。AT&Tは配当金を受領する数日前に2019、4Q決算を発表しています。結果は、前年比
『【配当】AT&T(T)より配当金受領。2019、4Q決算イマイチでも今後に期待できる理由。『HBOマックス』はワーナー・ブラザーズの強みを最大限生かした最強コンテンツになり得るか!?』の画像

どうも!不労太郎です。できることなら…払いたくない!悪魔の集金部隊め!笑医療費控除とは、1月1日から12月31日までの1年間で、払った医療費が10万円を超えた場合、超えた分の額を所得から控除できる制度です。しかし、保険金等で補填された金額がある場合は、その額を差し
『【節税】サラリーマンが行うべき節税対策①『医療費控除とセルフメディケーション税制』。家族で使った医療費で、日ごろ有無を言わさず徴収された税金を取り戻そう!』の画像

↑このページのトップヘ